徒然に

先日目にしたテレビ番組で、アメリカの映画監督のスピルバーグ氏がインタビューを受けていたのですが、その話のやり取りの中で、スピルバーグ氏が大切にしている事の一つとして物事は直感で決めると話していた姿が印象に残りました。

映画製作自体を生業とするクリエイターならではの言葉とも取れますが、例えば真逆の論理、思考派タイプの方でも同様に本能としての感覚や直感は備わっています。

勘(感)はある意味で生まれつき誰しもに備わった本能的なセンサーの様なものなので、使えば使うほど精度が上がり冴え渡るようになっています。

考えて答えが見出せない時は、勘に自分を委ねてみる事で思わぬ答えやヒントが見つかるかもしれませんよ。